渋野日向子の小学校〜中学校時代は三刀流!? 出身高校は有名人ぞろい!!

ついにやりましたね、渋野日向子選手。

ゴルフのAIG全英オープン優勝!!

日本人のメジャー制覇。実に42年ぶりの快挙!

先日、イギリスから凱旋しましたが、渋野日向子選手をひと目見ようと大勢のファンや多くの報道陣が空港につめかけました。

すでに海外ではゴルフ界のスマイルシンデレラとも言われてますが、まだ20歳という若さ。爽やかな笑顔がなんともかわいいですね。

彗星のごとく現れた渋野日向子選手ですが、気になるのは偉大な快挙を達成したその背景にある生い立ち。

特に成長過程にある小学、中学、高校といった環境を、どこでどのように過ごしてきたのか、というのはとても興味深いですね。

そのあたりを今回はご紹介していこうかと思います。あと、あの笑顔の裏には実は隠された彼女の想いが、、、そちらも後半の方でお伝えしていきますね。

まさかの三刀流だった!?小学校〜中学校時代。

渋野日向子選手の地元は、岡山県

中学校は岡山市南古都にある岡山市立上道中学校の出身。上道は「じょうとう」と読み、男女共学の公立中学校のようですね。

上道中学校のホームページを見ると、全国中学陸上競技大会の女子砲丸投げで日本中学新記録で優勝しました!!とありましたので、部活にはかなり力を入れている中学校なのかもしれません。さらに部活動のページをのぞいて見ると、、、肝心なゴルフの記載がない。。。です。

調べてみると、驚くべきことに渋野日向子選手は軟式野球部でした。しかも、女子ひとりで。といっても、マネージャーではないですよ 笑。もちろん、ガチです。

遡ると小学校2年生の8歳の頃に、ゴルフとソフトボールを一緒に始めたそうです。ソフトボールの経験があり、またゴルフのための体力作りという目的もあって中学では軟式野球部に入ったようですね。

ソフトボールでは地元のスポーツ少年団に入り、投手をしていたようですが、小学校6年生の時にはソフトボール投げで58mを記録し県大会で2位!しかも打者としても凄くて、男子も含めチームで一番打率も高かったそうです。もうすでにこの頃からモンスター級ですね 笑

過去にインスタでご本人がソフトボールの投球をしている動画をアップしてたことがあり、それが最近になって再生回数が急増しているそうです。

ぜひご覧ください。

こ、これはマジで本物や。。。汗

https://www.instagram.com/p/BoDJRhYFvHZ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

ゴルフの方はというと、友達の父親がインストラクターであったことが始めたきっかけですが、なんと、小学生高学年の岡山県ジュニアゴルフ選手権競技で3位!という成績ぶり。ゴルフもソフトボールもどっちも凄かった。

ちなみに小学校は、岡山市立平島小学校の出身。

なんと、あのお笑い芸人のブルゾンちえみさんと同じ小学校らしいです。小学校が同じなんて珍しいですね。

ブルゾンちえみさんは、父親から、、、

渋野選手優勝したぞー!同じ小学校だぞー!”

と喜びのLINEが来たと明かしていたそうです。いつかテレビで共演してくれたら盛り上がりそうですね。

さて、ここまででまとめると、小学校〜中学校時代は、ゴルフ、ソフトボール、軟式野球の3種目をやっていたことになり、いわゆる二刀流ではなく、三刀流というやつですかね。そういう表現があるのかは知らないですが。。。

ここ最近は、野球メジャーリーガーの大谷翔平選手の大活躍で二刀流という言葉も随分と世の中に定着してきましたので、あまり違和感なく使ってしまいました。

複数の種目を同時にこなすのは、相当な器用さと難しさがありそうですが、逆に同時にやっていたことが、結果的には良い相乗効果を生み出したとも言えそうです。

ご本人も次のように言っています。

今の自分があるのは、ソフトボールの経験があるから。一番は、最後まで諦めない精神力かな。バッティングの経験がなければ、ゴルフスイングのスピードとかも今とは違っていたかも。マウンドで打ち込まれ、カッとする自分と折り合いをつけようと、もがいたことも大きい。そんな経験が今の自分をつくったと思います。

この言葉からは、技術力だけでなく精神力も通じるものがあるということですね。

そしてこのようなことも、、、。

でも実は今でも、ゴルフよりソフトボールが好きなんです。オフシーズンには、小学生のときにいたソフトボールチームに練習に行っています。同じ目標に向かってみんなで頑張るって、なんかうらやましい。

ゴルフよりソフトボールが好き。

この言葉の意味を掘り下げると、個人的にはとても深〜い意味のような気がしますが、ソフトボールが好きという想いは間違いないと思います。

実際にソフトボール愛と育ててくれた地元への恩返しの思いで、自腹で「渋野杯」なるものを開催するという報道も出ているようです。トップアスリートが他競技の大会を手がけることは極めて異例とのことだそうです。

素晴らしくステキな考えと行動力ですね。まさにトップアスリートととしてリスペクトできる姿勢のように感じます。

さて中学の野球部の話に戻りますが、さすがに男子との体力の差も徐々に出始めた頃に、ゴルフの方では、岡山県ジュニア選手権で優勝し、監督から「ゴルフ1本にした方がいい」と勧められたそうです。

ずっと続けて行こうと決めていたのはゴルフであったことから、監督のアドバイス通りにしたのだそうです。

ゴルフ1本に専念してからの活躍は目覚ましいものがあり、岡山県ジュニア選手権では、その後も優勝し続け、見事3連覇まで達成しました。そう考えると監督のアドバイスは先見の明があったと言えますね。

出身高校の卒業生は有名人ぞろい!!

渋野日向子選手の出身の高校は、岡山県作陽高等学校です。

スポーツがとても盛んな高校のようです。サッカーや柔道、ゴルフは全国的な強豪校。特にサッカーは卒業後にプロで活躍する人が多く、Jリーガーの名前がずらり。日本代表の青山敏弘選手も卒業生ですね。

女子ゴルフに至っては、2008年、2015年に全国高校ゴルフ選手権大会で優勝している実績を持っています。女子プロゴルファーになった卒業生は、渋野日向子選手の他に東浩子選手、藤本麻子選手がいます。

スポーツ界だけでなく、俳優のオダギリジョーさんや漫画「NARUTO」の作者である岸本斉史さんなども卒業生でバラエティーに富んでおり、OBが有名人ぞろいな高校です。参考までに作陽高校のwikiは、こちら

さて、そんな全国的な強豪校のゴルフ部に入部した渋野日向子選手は、プロめざしてゴルフ漬けの毎日だったそうです。

成績はというと、高校1年生の時に「中国女子アマチュア選手権」でいきなり優勝を果たしましたが、結果を残せず苦しんだ時期もあったようで、

全国ではなかなか活躍できなくて、プロへの自信はなかったんです

と当時の心境を語っています。高校3年生の時には、監督に進路を相談すると、

“お前がテストを受けないで、誰が受けるんだ”

と激励を受けたのをきっかけにプロテスト受験も決断したそうです。

しかし、プロテスト初受験は失敗。。。

二次テストがトップ通過で“絶対に受かる!”と思ってしまった。周りからもそう言われて、自分でも“大丈夫だろう”って。浮かれて、気が抜けていた部分があったんだと思います

と本人は語っており、高校2〜3年時の担任は、

高校在学時にプロテストに落ちたとかも含めて、結構挫折も味わっている。そういう経験が生きているのではないでしょうか

と分析しているようです。あきらめない精神力、大事ですね。

最後に渋野日向子選手といえば、「笑顔」ですよね。実はあのスマイルは、「苦しくてもあえて笑顔を作ろう」という父親と母親の教えからきているそうなんです。

中学の送別会で知人に贈った色紙にも「笑顔」の二文字だったようで、今もクラブハウスに飾られているそうです。

渋野日向子選手は次のように語っています。

笑顔の絶えない、みんなに憧れてもらえるような強いゴルファーになりたいです

これからもたくさん活躍して、みんなに笑顔を届けてくれると嬉しいですね。

◯プロフィール
本名:渋野 日向子(しぶの ひなこ)
生年月日:1998年11月15日
血液型:AB型
身長:165 cm
体重:62 kg
出身地:岡山県岡山市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.